2010年10月21日木曜日

今年の味噌



毎年冬のうちに味噌を仕込みます。そして10月下旬に封を開けます。
今年は夏の暑さが影響したようで、例年より黒っぽい味噌ができました。

味噌の周りにできるカビの量もすごかったです。
私は味噌に関しても素人なので、天地返しなどはしません。
それが返って良かったみたいです。

味見したら、おいしかったです〜(手前味噌)
それにしてもフタをあけるまで、何となく怖かったですね。
全体カビだらけだったらどうしよう、なんて思って。

味噌のカビは食べられるそうなんですが……

2010年10月18日月曜日

ミーハーな気分で



表参道をぶらぶらしてきました。
目的は きのくにや 
お昼も食べたかったし、晴れていたから気持ちよくてのんびり楽しみたかったのが本音です。

お昼はハワイのハンバーガーやさん。
でもなぜか魚のサンドイッチを選びました。

外で食べることは難しいですね。介助の人に食べさせてもらいました。

きのくにやで買ったのは生のアセロラ
お初でした。
さっきつまんだけれど おいしかったな

それから偶然、邦画に出てきたウエディングのチャペルに。
知人が好きな映画で、そのときは誘われるかたちで一緒に観に行ったのですが、まさにその映画のシーンに使われたチャペルでした。
ここにあるなんて知らなかった私です。

帰りに、ウエディングプランニングのお店の前を通り、おやくそくのように結婚式の案内を目の前に出してもらいました。
でも予定ないし。
まさか今生は要りませんとも言えず。
こちらもお約束のようににっこりほほえんで通り過ぎました。
ちゃん、ちゃん

2010年10月11日月曜日

今年最後の連休

世間的にはそのようですね。
雲ひとつないさわやかな一日になりました。
少し暑かったけれども


後楽園、ラクーアの韓国豆腐料理屋さんでカボチャ入りのものをランチにいただきました。
ラクーアのお店はすべてではないけれどほとんど車いすで入れるので助かります。

今日入ったお店は、熱々の豆腐鍋がでるのに結構ひとつひとつのテーブルが小さかった気がします。いつもはテーブルふたつくっつけてもらうんだけれど、今日は混んでいてそうもいかず。
熱いものを食べるので、もっと広めのテーブルの方が安全なのではないのかな、と思いながら料理をいただきました。
(写真がなくてごめんなさい)
と、お盆も熱い鉄鍋も滑らないことを発見。私の不可抗力な動きをする手にかかっても滑らないのはとてもありがたかったです。
何度もきているのに初めて気がつきました。いつもはテーブルふたつ占領しているから気持ちが違ったのかな

テーブルが狭くてもこの安定感だからみなさんそんなに違和感がないのですね。ちょっとだけ納得。

2010年10月9日土曜日

夕ご飯



夕食に思いつきでピザを焼いてみました
冷凍のクリスビーピザ生地があることを思い出し、この本降りに家でくすぶっている時間を使ってみようと言うことで。

なす、ピーマン、唐辛子、カットトマト 2枚目はバジルへーストを混ぜました。
レンジのオーブン機能でやったから、温度が低いのかな、なすがいまいちでした。
でも幸せなひとときでした

2010年10月5日火曜日

六義園でまた

駒込にある六義園でゆっくりお勉強しようと本を持って出かけたんです
もう秋だし、晴れているし、日だまりと木々に囲まれて本を読みたいと理想を胸に…

そうしたら 追いかけられました
蚊の大群に。

普段は蚊になんか食われないのに、六義園に行くと襲われるんですよね。
電動車いすで走ると、乗っている体は動かないからかな、いつもそういえば襲われます。
本など読める状態ではなく、一周して早々に帰りました。

ここで本を読める日は、冬晴れの温かな日中に限るかも知れません。
理想と現実は違うなあ…って、いいかげん学べよ、私

2010年10月4日月曜日

今日から

キンモクセイが咲き始めました。
今朝窓を開けたときに、空気が違うことに気がつきました。
近所を歩くと、やっぱり。
秋到来。
しばらくは外歩きの香りが楽しめそう。

昨日までは香っていなかったのに、季節はうつるんですね
みなさんの周辺はいかがですか

ゆうがた 窓を閉めた我か家の今の香りは、カレー一色

…ムードが壊れたかしら

2010年10月3日日曜日

のらちゃんのおやこ




私の家は築35年 二階建ての木造家屋一階部分
いちおう かっこいい名前のついたアパートです。
ちょっとすきま風が入りますが、太陽の光が入り、居間には違い棚もあって、気に入っています。
最近軒先に通い猫が来るようになりました。

アパート暮らしの私は、猫を飼うなんて夢のまた夢。
そして自分中心な性格なので、他の人の面倒は見られません。
自分の命を管理するだけで精一杯。植物だって枯れてしまうのに。
介助の人たちに毎日来ていただくので、あまり自分以外のことで制限を付けたくないんですね
アレルゲンはすくない方が人が入ってきやすいのではないかとおもっていたりします。

通い猫ぐらいなら許せるかなと、軒先の猫にちょっと食べ物をあげていたら、最近は親子3匹で来るようになってしまいました。

母猫の呼び名はは「シャー」。人の顔を見ると声を発せずに大口を開けて「シャーッ」と脅すのです。
えさをやっているのは私なのに。
介助の人にもシャーシャー脅すので、いっそのこと名前にしてしまおうと思ったのでした。

母親だと気がついたのは一ヶ月ほど前だったかしら。
だからあんなに脅してくるのかもしれない、と納得したのでした。

子供は2匹。
一匹は母猫に似て臆病。私の顔を見るとすぐ逃げて行きます。
もう一匹は好奇心旺盛。

親子に共通しているのは、えさのためなら網戸越しに家をのぞくほどに近づき、えさが出されないとわかるとさっさと去って行く、とっても現実的なところ。

私も部屋には絶対あげないし、餌も3匹分としては少ないだろうなと思われる量しかあげません。
野良は野良として生きて行ってもらわないと。

どんなにかわいい顔で網戸越しに覗かれても、「彼女たちは餌のことしか考えてないんだよな」と感じている今日この頃です。

マウスピースの効能

私は障害のこともあって体全体にコントーロール困難な緊張が入ります。
その日のリズムにもよりますが、予測ができないことの方がほとんどです。
無意識にちからが筋肉に入ってしまうのです。

口の中も例外ではなかったみたいです。
最近あごがとても痛くなって、行きつけの歯医者さんに行きました。
痛み以外に気がついたことは、すべての歯が真っ平らになっていたこと。
どうも若い時から歯ぎしりも酷かったらしく、歯が削られてしまっていたようでした。

歯医者さんからアドバイスを受けたわけではなく、情報としてマウスピースのことを伺い、筋肉の緊張のせいで歯を失いたくなかったので、早速作ることにしました。

最初にやわらかなシリコンで作ったのですが、一週間で奥歯のあたりが破けました。
歯のちから恐るべし。
というか、筋緊張恐るべし。

堅い材質のものでつくりなおしました。

実際に、堅いマウスピースがはなかなか口にフィットせず、かなり調整しました。
今ははめていてもそれほど違和感はありません。

初めてやわらかなマウスピースを口にはめて眠った日、翌朝あごがとても軽く感じました。すごいもんです。

マウスピースは、はめることでひとつひとつの歯に集中してしまうちからを全体に分散させることができるんだそうです。
数日前、はめてからどうしてもお菓子が食べたくなって、そのままの口の状態で食べてみました。
か、噛めない… ちからがあごに入らないのでした。
ああ、これがちからを分散するということなんだ、と実感した瞬間でした。
百聞は一見しかず そして体験は貴重なものです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...