2010年12月16日木曜日

気温の差

昨日より今日と、寒さの差が身に凍みます。

私の心配をよそに、3匹のネコはきままに外でくつろいでは帰って行きます。
最後に手術したシロネコちゃんは、病院から連れ帰って放したその日のうちにえさをねだりに来ました

人間の気持ちなんて、ネコにはわからないものです。(反対か)

これでとうぶんネコちゃんの話題はなさそうです。

今月は我が家は大そうじ月間。毎日少しずつ小そうじしてもらっています。
ときどきサボって遊びに行ってしまいますが、扇風機のはねとかガス台の火回りとか、トースターの中とか、要らない本の選別とか、毎日少しずつ介助の方にやっていただいているのです。

こそうじを ひと月まとめて おおそうじ
なんちゃって

2010年12月14日火曜日

おかげさまで

うちに通ってくる、すべてのノラネコちゃんの手術が終わりました。
とてもとても嬉しいです
これで心置きなくネコちゃん達とお付き合いできます。

ネコちゃんを捕まえたりすることは、私にはどうひっくりがえってもできなかったことでした。
ご協力下さった方々にとても感謝しています。この場を借りて、改めてありがとうございました。

最後の一匹、シロちゃんは雄ネコでした。私は雌ネコだと思っていたので、見た目だけではわからないなと思いました。

今日はちょっとだけ高いえさを買ってきました。ネコちゃん達にもいたい思いをさせたので。


さて、うちにシロちゃんと親ネコシャーがふたたび顔を見せに来るのはいつになることでしょうね。最初に手術した黒猫は、戻ってくるのがとても早かったのですが。。。

2010年12月10日金曜日

ラブレター from …

待ちに待った手紙が来ました。

この秋から心理学を学ぼうと思い立ち、放送大学に入りました。
ヒーリングと心理学は全然違うものなのですが、何が違うのか私の知識のなさでは説明さえできないので、基本的な知識を身につけようと思ったのです。
これからの道には必要だと感じたので。今なら時間がたっぷりあるし。

私は以前某大学の通信教育部で勉強していた時期がありました。仕事と両立ができなくなってやめましたが、中退の手続きはきちんとしておきました。
8年間在学して卒業に必要な単位の半分しかとれなかったけれど、捨てるのももったいなくて。

今回、編入が認められたので3年次生から入学したのですが、何単位認めてもらえるかドキドキものでした。

今日来たのは、その単位の認定について。
3年次生編入のときに他校からの取得単位で認められる限度の単位まで認定していただきました。

通信生はスクーリング(面接授業)をある一定の単位受講しなければいけないのですが、それも規定の単位まで認定。

ということは

スクーリングは受けなくていいし、1、2年生が受講する一般科目もいっさい受けなくていいということなんです。
やっほー
本当によかった。好きな科目だけ受けて、卒業研究に進めるなんて。
ほっ。

放送大学は障害のある学生に対してしっかりしたサポート体制をもっているので、障害のことで交渉することはほぼありません。
あとはやる気と根気と頭脳の問題。

しかし、中退するときは、まさか勉強したくなるとは思いませんでした。
自分の心も人生も、わからないものです。

2010年12月6日月曜日

いいものですね

この間家族の話題をここで書きましたが、
家族の優しさを感じることができるというのも、いいものですね

あのあとちょっとしたことがあって、
ああ 私も家族から愛されていると 実感できる体験をしました。

障害があると、どうしても個性よりも障害が家族にとっての大きなものとなって、
本当にお互いがどんな性格で、何が好きで、嫌いで苦手なものは何で、得意なものは何でなどと考える余裕がとれなかったりします。
このこどもの何ができて、何ができなくて、それは障害だから仕方がないけど、なんて、「障害」と言うめがねを通してその子をみてしまったり。
そのつもりでなくても、こどもはそう感じてしまったり。
私はそう感じてしまったこどもでした。

だから、いつも家族に人並みにみてもらうことを求め続けていたのでした。

今はその部分を卒業して、心が平和になったけれど、

家族のひとりから最近メールをもらいました。
心のこもった優しい内容でした

受け入れてもらえたと感じました。
そうしたら 泣けました。
こんなに 受け入れられたかったんだなと思いました。

こんな日が
来るのですね

2010年12月5日日曜日

ノラちゃん「シャー」が

親猫のノラちゃん「シャー」が、昨日手術を受けました。
よほどおなかがすいていたらしく、えさが置いてあるケージにまっしぐらに入り。
ほんと、ありがとう。

やっぱり猫は本当は自然に行きたいのだから、今回の手術は「私がノラちゃんとつきあいたいから」なんだよね
うちに来る猫がどんどん増えると困るとか、近所迷惑になるとか、こういうのは私の都合。
そこは間違えちゃいけないよね

ネコちゃん、協力ありがとう。「シャー」、痛みが落ちついたら、またえさ食べに来てね

しかし、近くとはいえ、ケージに入っているとはいえ、暴れネコを病院に運んでくれた人は大変そうでした
この場を借りて改めて ありがとうございますm(_ _)m

あともう一匹 びびりーのシロネコちゃんは捕まるでしょうか

2010年12月3日金曜日

ひとつの法律が通るとき

ひとつの法律を通すときは、それに関係する人たちのことをちゃんと考えて、時間をかけて審議して欲しい。
人の立場を考えるってとても至難なことだけれど。
駆け引きの道具にしないで欲しい

確かに誰もが駆け引きをして生きているのだろうけれど。

自立支援法という障害者の生活に関わる法律の一部改正案が先ほど成立しました。

うまいいいかたないかな

この間、久しぶりに家族と話して、
私が生まれた年の話になりました。

私がいちばんの厄を背負った

そんなふうな話となり

ちょっぴり、たくさんむかついてしまったのでした。

生まれてもう45年。厄をかぶったならもっと苦しみようがあるかも。
だいたい、この体はどうも自分で選んだみたいだし。
別に不幸とは無縁だし。
なんて、少しネガティブシンキング。ごめんなさい。

重い障害を持った娘を育てるのはそれはそれは苦労したと思う。

ただちょっとだけ
家族と私との認識のギャップに圧倒されてしまった、小心者の私でした。

身近な人の理解を求めないで生きるって、ときどきとっても難しい。
だからって、うまく切り返せないんだよな…(^^;)

2010年12月2日木曜日

食欲がとまらない

もう世間は冬なのに、食欲がとまりません。
春から始まったスイミングのスクールは来週で今期の最後。また来春までお休みです。
運動の機会がなくなるので、このまま食べ続けたらちょっと大変かも…

でも夜になると

せんべいたべたい
せんべいたべたい

ケーキが食べたい
お菓子がたべたい

柿の種が食べたい
歌舞伎揚げが食べたい

と心が訴えるのです

理性がいつまで保てるか 自信はありません…

よし、真剣に何か運動する方法を探すか。
そうしたらお菓子食べられるし(そこか!)

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...