2011年11月13日日曜日

ご無沙汰しました。

ずっと書かないうちに、洗濯機が壊れて新しいものを買うことになりました。
マットレスを代えるようにとの友人の言葉に従い、ベッド用のマットレスにしました(しかもひろいやつ!!)
それに伴い、荷物をだいぶ捨て、布団も何枚も捨てて、うそのように家の中はすっきりしてしまいました。

ついでに勇気を振り絞り、大家さんにエアコンのことを相談してみました。
おかげさまで、古いエアコンは、新しいものに。
部屋の中は見違えるほど暖かくなりました。
暖房が効くということは、こんなに気持ちのいいことだったのですね。

そんな、物語のような、ほんとうのお話でした。

2011年10月9日日曜日

べんきょうは趣味?

昨日、早朝から思いました。
「私、勉強自体が好きなのかも…」
皮肉を言いたいのではありません。まじめな話です

いま、何か下心があって勉強しているわけではなく、ただやりたいから続けている自分がいます。
何か物理的に得られる予定もなく、何か私の欲が満たされるわけでもないようです。
それなのになんとなく満たされた気分。
こんなにやりたかったんだな、お勉強。
ちゃんと、ちゃんと やりたかったんだな

今その時間に日々を費やせる幸せをかみしめたいと思います。

2011年9月19日月曜日

旅で旧友に会い

知人のはからいで、旧友に再会しました。
久しぶりの奈良でした。
温かい旅でした

大人になるということは、他人との距離を保ちながら楽しめると言うことかも知れません。

だれかに私を見てもらいたいと、ひたすら思っていた子ども時代は卒業した、そんな自覚をさせてくれた旅でした。
行けてよかった。ありがとう、ありがとう

きっと、何かを期待しながら生きてきた、若いときの私の生き方のほうが問題があったのでしょう。
少しでも大人になれたようで、よかったです。

一泊二日でしたが、観光もして、旅らしい旅でした。

2011年9月7日水曜日

結果より過程

かなう確信がなくても努力するということ。それをやり続けることにしました。

自分がよりよく生きるということに焦点をあてないで、
だれかに少しだけでも渡せるものを作り出せる自分に成長していけますように

2011年8月14日日曜日

日曜日

上野の国立博物館で特別展を観てきました。
今は「空海と密教美術展」
行きたかったのでした。
すごい人でした。でもとても楽しめました。

行く前にお初のアメ横に。
行きはそんなに混んでいなかったのですが、インドカレーのランチバイキングを満喫したあとに上野公園に戻るときは久しぶりに人の波のなか。
電動車いすで人の足を踏まないように細心の運転を(したつもり)(^^;)

夕方は駒込でエイサーの体験。美味しい沖縄の家庭料理をたくさんいただきました。
沖縄の方法でお盆の送りの様子をみせていただいたのでした

よく遊びました。
きれいな満月でした。

2011年8月12日金曜日

母からもらった本

大学が一区切りついた今月は、読書に時間を使っています。
今は世界の歴史に手をつけました。全16巻。
今月読み終わるかな。どうだろう。

昨日一昨日と、近くの六義園の園内の木陰で、読書に集中。
必需品は、虫除けブレスと水筒と秘密のひと品
おかげで可の襲撃にもまぬがれ、熱中症にもならず、何も心配せずに1人の時間を過ごしました。

木陰は涼しいですね
やはり読書には最適な場所でした。
そういえば、都心ではなかなか聴けない、ひぐらしの声を聞きました

2011年8月8日月曜日

朝からすぐそこにネコがいて

ノラネコがえさを静かに待っています。
今日も暑くなりそう。

余計なことを考えず、自分の時間を有効に使うこと。私は基本ずくがないので(ぐうたらなので)根気が続くかなあ。

なんて余計なことを考えず、やってみようと思います。
それにしても、ご飯が美味しい。こんなに暑くて蒸し蒸しするのに、ご飯が食べられるのは幸せだよね

2011年8月3日水曜日

試験終了 夏本番

大学の単位認定試験が終わって、この夏はしばらく学校を忘れることにしました。

思い出したくないのです。アラビア語と韓国語。
答え合わせもこわいからしたくない…
韓国語は落ちるな、きっと

2011年7月17日日曜日

シルク・ド・ソレイユ

実際に行けるということは最高なこと。
サーカスというより、アーチストによる芸術でした。
パフォーマンスも演奏も歌も。

友だちに感謝です。
どんなにそれがいいかはなしてくれたから、行く気になったのでした。
幸せな時間でした。ちょっと寒かったけれど。

2011年7月10日日曜日

駅長さんとの話

某駅の駅長さんと先週ちょっとお話をしました。

2週間前にその駅の改札を通ったとき、障害者手帳提示を求められたからです。
いつも使う駅で、対応もよかった駅なので、突然の手帳提示請求は違和感を感じたのでした。

この時期になると研修を終わったばかりの駅員さんが対応するようになります。なのでこの時期になるとちょっと嫌な思いをする知人が多くなります。

手帳提示は介助者分との割引切符を買うときなどに提示を基本としていますが、改札で求められることはあまりありません。

私が気分を害したのは、いつも使っていて関係性が深い駅という認識で伺ったら、見知らぬところに来たように障害を持っているという事実確認をされたから、ということでしょう。

人の心は、マニュアルどおりにはいかないものです

幸い駅長さんはきちんと話を受けとめて下さいました。
ありがたかったです。
できれば気持ちよく駅は使いたいものですものね。

2011年7月1日金曜日

ついつい

だれかに期待してしまう、私の心の弱さ

今日は、なかなか根気が続きません。
書き物もすぐ飽きるし、勉強もしたくないし。
今月は試験月。今からだれてはいけません。

だれか助けてくれないかな と、これは他力本願。
こういうなんとはない日が、いちばん孤独を感じやすいみたいです。
まだまだだな 私
だいたい、何を助けてほしいのやら…

にわか雨があがってきました。
さあ、夜になる前に、何かをやりましょう。

とりとめもないことで失礼いたしました。

2011年6月26日日曜日

やろうと思って行動する

この決心が大切なんですよね

たとえば、大きな洗濯物を洗っちゃおうとか

電化製品を断捨利しようとか


夢を叶えてみようとか

20時以降は食べ物を口にしないとか。
昨日は久方ぶりに夜中にカップ麺を食べたけれど…

2011年6月17日金曜日

なんだか忙しくなってきました

心は平和なのですが、なんだかせわしくなってきました。
やることは沢山あるのに、この梅雨空で1人の時間はやたらと眠い。
夜もよく眠っているのに、ああ、今日も眠気とたたかいました。

ひとつ気がついたこと
語学の勉強は一科目ずつ

気合い入れます。

2011年6月10日金曜日

ビールと野菜炒めと餃子と

仕事仲間だった彼女のお通夜の帰りに、エスニック雑貨屋で黄色い象の玄関マットを買いました。
昨日の告別式は出ないで、ビールとおいしい餃子を買い、野菜炒めをつくって、知人と彼女話で盛り上がりました。

彼女が好きだったビール
私と会うとき彼女がランチでよく食べていた野菜炒め
話題になったことのある ぎょうざ

飲み過ぎてちょっと寝不足ですけれど、いいひとときでした。

またちがうかたちで会えることを信じて さようなら ありがとう Eさん
玄関マットが ちょっとした思い出を語ります

2011年6月7日火曜日

明日

明日、
もう現実的には、はなすこともできなくなった知人と、最期の別れをしてきます

友だちを見送るという不思議な感じを、今更ながら味わっています。

いろんなことを学んだ今であっても、悲しみや寂しさが突如なみのように心をおそいます。

だからといって、何か後悔があるかといったら、そんなことはありません。

明日何を私は感じるのでしょう。ここに書くのか、それとも一人黙って整理をつけるのか。
きっと明日の私が決めることでしょう。

2011年5月24日火曜日

小さな変化でも

ある詩人の方の講義を受ける機会を得ました。
4日間という短期間ですが、週一回のペースで楽しんでいます。

せっかくなので、普段の創作活動の悩みをぶつけたりしてみました。答えは出ないけれど、

とにかく

記録に残したい記憶を作品にする
あまり読む人のことを考えずに作品にする

と言うことを徹底してみたいと思っています。

2011年5月18日水曜日

なんだかとっても

なんだかとっても自分の小ささを自覚しています。
私は人をきちんと見ているのか、とか。
人を助けたいと思っているのか。とか。
本当に好きになった人はいたのか、とか。

ここ数日、そんなことを考えさせるような出来事が続きました。
ひとつひとつ物事を選んでいくと、私は本当は誰も心から愛していないのではないかという疑問がわき、少し落ちこみます。
私なりにその人のことを思って選んだはずなのに。

本当にその人のことを思って行動すると言うことは、私自身が「やってあげたい」ことではなく、その人のためになることを考えること。

このことを考えながら、選んでいるつもりではいますが。

ビビリーな性格がいちばんのネックかな。
要するに、だれかにみとめられて、「さすが」と誉められることを、まだ心のどこかで望んでいるのかも知れません。

卒業したいな、そんな小さな自分

2011年5月8日日曜日

世界

一段と今日は暖かい日でした。
明日は連休明けの月曜日。気合い入れます!

このブログで紹介した写真家の知人の作品が世界6月号に掲載されています。
いい作品です。
http://www.iwanami.co.jp/sekai/

私もいいものを書きたい。
気合い入れます !!

2011年4月29日金曜日

護国寺

護国寺の特別法要に参加させていただきました。
昨日で大震災が起きてから49日。ダライラマ法王をお呼びしてのひとときでした。
一般人も参加可能と言うことで、車いすでも参加できるのだろうかなんて相変わらずちょっとびびりながら、でも行っちゃいました。

ダライラマ法王は正面の画面でしかお会い出来なかったけれど、ひとつのことについておなじ敷地内で祈ることができたのはいい体験でした。

帰り道、体も心も、殻がとれたような気がしました。

2011年4月26日火曜日

写真展のご案内

写真家の知人が企画展を行います。

ここに生きる  矢部朱希子写真展

私もとても楽しみにしています。カメラを通した多くの友人たちに再会できそうで。

2011年4月16日土曜日

電車に乗って

暖かかった今日一日、千代田区のとあるところまで、知人の絵を見にいきました。
地震後、2度目の電車と地下鉄乗車。エレベーター等電動の機械を必ず使う立場としては、ちょっとびびっていたのも確かです。
終わってみたら、自意識過剰になっていたのは私だけで、どこに行っても駅員さんは普通に対応して下さいました。
ビビリーとしては、嬉しい限りでした。

湯島天神に久方ぶりによって、千駄木でおいしい今川焼きを買って帰りました。

びびり体質、変えられたらいいんだけれど。

2011年4月14日木曜日

ケガからの卒業

昨日で骨折のための病院通いは終了です。
夜明けのような心持ちです。

きき手を怪我したことで、自分の手でできることも限られていましたが、徐々に以前の生活に戻りつつあります。
もともとの障害により動かない箇所の多い体ですが、これからはもっと大事にしていこうと思っています。
この体があることに感謝して。

2ヶ月というのは、筋肉の付き方が変わるほどの年月だったのですね。意外に力が入らなかったり筋肉痛がひどくなったり。
そして何も怪我していないはずの薬指がいちばん動かなくなっていることが 何とも言えない感じです(骨折した小指の添え木代わりだったので仕方ないですが)

怪我中も1日おきにお風呂に入れたことや、支障なくご飯が食べられたことなど、介助の方を含めてみなさまに感謝しています。
ありがとうございました。

2011年4月3日日曜日

指が治っていきます

先日の水曜日、7週間ぶりに絆創膏もガーゼも外れて、まっさらな左手になりました。
今は垢もきれいになって、見かけはそんなに変わらない、普通の私の手になっています。
動きにくさや、筋肉の痛みも1日ごとに和らいでいきます。

たった一本指を骨折しただけなのに、動きにくさ、治りにくさ、扱いの難しさ、いろんなことを知ることができました。これはきっと私は忘れてはいけないこと。

2月に、折れているかどうか不明の指をどうにもできず救急車に乗ったときは、私は周りの様子がわかりにくくなりました。自分の体調が悪いときは あまり考えられなくなると言うことを身をもって体験しました。

今は治っていくというふしぎを感じています。

今年になって個人的にもいろんなことが起きましたが、回復していく小指を感じられることは幸せなことなのかも知れません。

2011年3月27日日曜日

地下鉄に乗って

地震後、初めて地下鉄に乗って、知人に会いに行きました。
地震前にはあたりまえのように乗っていたのに、エレベーター動いているかな、とか、乗り換えうまくいくかな、とか。まるで車いすで初めて電車に乗ったときのよう。

ビビリーなんです。実は。
結果的に、行動するんですけれど。

2011年3月21日月曜日

わかりやすい、今回の地震、原発災害についての解説

ご本人から許可をいただいたので、リンクさせていただきます。


科学的に震災を振り返る ~正しく知って、正しく怖がる~ 
http://www.geocities.jp/milkyway_amanogawa/jishin.html 



ただ恐がっていても仕方がない、でもわからない、なかなか理解できない。そんな私にもわかりやすかったので。

小指の様子

シーネがとれたきき手の小指は、まだ薬指と一緒に貼り付けてあります。
今までの頑丈な処置に比べると、折れてしまいそうな心もとなさ。(もう折れていましたね(^^;)
今日、ひさしぶりに指もはだかになってシャワーを浴びました。久しぶりの全身浴(小指込み)。とても嬉しかったです。

嬉しかったと言えば、地震が起きてから今日までの間、予定していた介助の方も来て下さって、日常生活を送ることができました。

東京の小さなパニックは落ちつきつつあるみたいだけれど。

あたりまえのことがあたりまえにあることがどんなに幸せなことなのか。
私はもっとそのことを感じることが必要なようです。

2011年3月18日金曜日

サイトのご案内(転記)


転記フリーだったので転記させていただきました。
未整理ですみません

■□-------------------------------------------------------------------------
■  (東北地方太平洋沖地震関連)
■  福祉・医療関連で参考になるのではないかと思われるサイトのご案内
■---------------------------------------------------------------------------

・(水野敦之)
避難所等での自閉症児者支援
http://blog.goo.ne.jp/bouzan0807/e/4a79a0aec80431c436d0d78483427cba

・(ラ・レーチェ・リーグ日本)
災害時の母乳育児相談~よく聞かれる質問(FAQ)
http://www.llljapan.org/binfo/faq_saigai.html

・(埼玉県)
高齢者・障害者災害時避難マニュアル「災害に備えて」
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/sonae.html

・(埼玉県)
市町村災害時高齢者・障害者支援マニュアル作成の手引き
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/sityousontebiki.html

・(本田隆光)
地域生活者約200名の支援に苦慮しています
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/honda

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準監督署、ハローワークの開庁状況について(第7報)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161955

・(文部科学省)
独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立オリンピック記念青少年総合センターに
おける福島県の透析患者等の受け入れについて
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303778.htm

・(札幌市)
札幌市災害時要援護者避難支援ガイドライン
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/torikumi/saigai_engosya/youengosha_index.html

・(札幌市)
災害時支えあいハンドブック
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/torikumi/saigai_engosya/handbook.html

・(東日本大震災支援全国ネットワーク)
私たちは被災地の皆さんとともに歩みます
http://kouikinet.jp/higashinihon/

・(DPI女性障害者ネットワーク)(URLの変更)
あなたの避難所にこんな方がいたら
http://bit.ly/fEjK9e

・(BestPersonality.net)
災害緊急時用名札
http://www.bestpersonality.net/kinkyu.html

・(愛知ネット)(URLの変更)
地域で進める災害時障がい者支援ガイドラインの巻き
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/aichiduide

・(日本糖尿病学会)
東北地方太平洋沖地震の被害に遭われたインスリンを必要とする糖尿病患者の皆様へ
-インスリン入手のための相談連絡先について-
http://www.jds.or.jp/

・(全国自立生活センター協議会(JIL)など)
東北関東大震災障害者救援本
http://shinsai-syougaisya.blogspot.com/

・(ご用聞喜屋 「ハイッ!喜んで」)
私にできること、それは情報発信
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/endo

・(日本グループホーム学会)
東北関東大震災に関する情報を掲載するブログ
http://ghghgh.cocolog-nifty.com/blog/

・(全日本ろうあ連盟)
東北地方太平洋沖地震:全日ろう連地震対策本部および各加盟団体の動き・連絡状況
http://www.jfd.or.jp/tohoku-eq2011/tohoku-timeline

・(全日本ろうあ連盟)
【避難所等での聴覚障害者に対する支援のお願い
http://www.jfd.or.jp/info/2010/20110316-shelter-support.pdf

・(おめめどう)
おめめどうの非常時の支援・工夫シリーズ
http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10832957772.html

■□-------------------------------------------------------------------------
■  (東北地方太平洋沖地震関連)
■  福祉・医療関連で参考になるのではないかと思われるサイトのご案内
■---------------------------------------------------------------------------

(一部は重複した項目に掲載されています)

★現地から

・(本田隆光)
地域生活者約200名の支援に苦慮しています
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/honda

・(ロザリオの聖母会)
緊急支援依頼!!
http://www.rosario.jp/sawayaka-n/letter/kaisounofukusi_r1.pdf

・(ご用聞喜屋 「ハイッ!喜んで」)
私にできること、それは情報発信
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/endo

★行政

・(厚生労働省)
人工呼吸器を利用する在宅医療患者の緊急相談窓口の設置について(東北地区及び新潟県)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161891

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準監督署、ハローワークの開庁状況について(第7報)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161955

・(厚生労働省)
人工呼吸器を利用する在宅医療患者の緊急相談窓口の設置について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014wz7.html

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震における精神保健及び精神障害福祉に関する法律に
規定する入院手続きの実施について
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_hospitalization.pdf

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震により被害を受けた社会福祉施設、医療機関等への
災害復旧のための貸付について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161821

・(厚生労働省)
東京電力株式会社による輪番停電に係る医療機関の対応について 
http://www.heart-mamoru.jp/syokai/data/1300174373_20236.pdf

・(厚生労働省)
「平成23年東北地方太平洋沖地震等におけるボランティア・NPO
活動支援のための募金」について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161831

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震のボランティアを希望している皆様へ
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161833

・(文部科学省)
独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立オリンピック記念青少年総合センターに
おける福島県の透析患者等の受け入れについて
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303778.htm

・(文部科学省)
東北地方太平洋沖地震に対する支援のための学校給食施設等の活用に関する協力要請について
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303705.htm

・(文部科学省)
平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震における被災地域の児童生徒等の
就学機会の確保等について(通知)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303644_1537.html

・(文部科学省)
子どもの心のケアのために ―災害や事件・事故発生時を中心に―
http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1297484.htm

★障害者・福祉・医療関係団体・機関・学会

・(全国自立生活センター協議会(JIL)など)
東北関東大震災障害者救援本
http://shinsai-syougaisya.blogspot.com/

・(全日本ろうあ連盟)
東北地方太平洋沖地震:全日ろう連地震対策本部および各加盟団体の動き・連絡状況
http://www.jfd.or.jp/tohoku-eq2011/tohoku-timeline

・(日本グループホーム学会)
東北関東大震災に関する情報を掲載するブログ
http://ghghgh.cocolog-nifty.com/blog/

・(AJU自立の家 災害時要援護者支援プロジェクト)
避難所間仕切りセットを無償で提供
http://www.nhk.or.jp/hisaito2/support/event_detail040.html

・(視覚障害者文化振興協会/JBS日本福祉放送)
目で聴くテレビ 災害情報etcインターネット配信
http://www.jbs.or.jp/broadcasting/

・(全日本ろうあ連盟)
東日本大震災に関する聴覚障害者関連情報
http://www.jfd.or.jp/tohoku-eq2011

・(全日本ろうあ連盟)
【避難所等での聴覚障害者に対する支援のお願い
http://www.jfd.or.jp/info/2010/20110316-shelter-support.pdf

・(日本盲導犬協会)
 東北地方太平洋沖地震に伴う、仙台訓練センターの状況と救援のお願い
http://www.moudouken.net/news/article.php?id=445

・(日本盲人会連合)
東北・関東大震災 義援金のお願い
http://www.normanet.ne.jp/~nichimo/touhokukantoudaisinsai_gienkin.html

・(日本言語聴覚士協会)
東北地方太平洋沖地震に関する情報はこちら
http://www.jaslht.or.jp/newsarticle_77.html

・(日本障害フォーラム(JDF))
被災障害者等への特別支援に関する緊急要望書
http://www.normanet.ne.jp/~jdf/yobo/20110314.html

・(日本発達障害ネットワーク(JDDネット))
災害情報掲示板
http://jddnet.jp/index.files/archives2011/news20110313.html

・(日本自閉症協会)
「東日本大震災」支援専用ページ
http://www.autism.or.jp/cgi-bin/saigai/

・(日本精神保健福祉士協会(日本PSW協会))
「東北地方太平洋沖地震災害対策本部」の設置について-ご報告とお願い-
http://www.japsw.or.jp/s-honbu/index.html

・(ACT全国ネットワーク)
被災地の精神科病院の情報
http://assertivecommunitytreatment.jp/ph/

・(日本精神科病院協会)
東北地方太平洋沖地震 精神科病院被害状況
http://www.nisseikyo.or.jp/home/saigai/0307_1700.pdf

・(DPI女性障害者ネットワーク)
あなたの避難所にこんな方がいたら
http://bit.ly/fEjK9e

・(日本透析医会災害情報ネットワーク)
北海道・東北・関東で透析可能な病院一覧
http://www.saigai-touseki.net/sendsdata/total.php

・(日本内科学会)
【災害医療情報】 災害医療活動のご一助に
http://www.naika.or.jp/info/info110311.html

・(日本小児科学会)
障害のある子どもへの災害時対応の手引き 
http://www.jpeds.or.jp/pdf/070731_saigai.pdf

・(日本糖尿病学会)
東北地方太平洋沖地震の被害に遭われたインスリンを必要とする糖尿病患者の皆様へ
-インスリン入手のための相談連絡先について-
http://www.jds.or.jp/

・(きょうされん)
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください【東北関東大震災】
http://www.kyosaren.or.jp/news/2011/sinsai.htm

・(国立精神・神経医療研究センター)
東北地方太平洋沖地震メンタルヘルス情報サイト
http://www.ncnp.go.jp/mental_info/index.html

・(のーまらいふ杉並)
障害者からのお願い「大地震(災害)の時助けてください!」
http://normalife.city.suginami.tokyo.jp/suginamisypher/www/info/detail.jsp?id=871

★災害等対策資料・手引き・マニュアルなど

・(埼玉県)
高齢者・障害者災害時避難マニュアル「災害に備えて」
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/sonae.html

・(埼玉県)
市町村災害時高齢者・障害者支援マニュアル作成の手引き
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/sityousontebiki.html

・(札幌市)
札幌市災害時要援護者避難支援ガイドライン
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/torikumi/saigai_engosya/youengosha_index.html

・(札幌市)
災害時支えあいハンドブック
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/torikumi/saigai_engosya/handbook.html

・(国立精神・神経医療研究センター)
一般の方への災害時地域精神保健医療活動のガイドラインの解説(一般向け説明用)
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_general_01.pdf

・(日本自閉症協会)
防災ハンドブック
http://www.autism.or.jp/bousai/index.htm

・(日本障害者リハビリテーション協会)
障害者と災害-障害者が提言する、地域における協働防災のすすめ-
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/disaster/2007seminar_houkoku/

・(国立障害者リハビリテーションセンター)
災害時の発達障害児・者支援について
http://www.rehab.go.jp/ddis/災害時の発達障害児・者支援ついて/

・(愛知ネット)
地域で進める災害時障がい者支援ガイドラインの巻き
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/aichiduide

・(ゆき.えにしネット)
応援の手引き
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d68.pdf

・(king1234stone)
自閉症や発達障害の人に震災時・避難時何をどう伝えるか聞くか
http://togetter.com/li/110662

・(おめめどう)(上記の(king1234stone)と重複あり)
おめめどうの非常時の支援・工夫シリーズ
http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10832957772.html

・(のーまらいふ杉並)
障害者からのお願い「大地震(災害)の時助けてください!」
http://normalife.city.suginami.tokyo.jp/suginamisypher/www/info/detail.jsp?id=871

・(全日本ろうあ連盟)
【避難所等での聴覚障害者に対する支援のお願い
http://www.jfd.or.jp/info/2010/20110316-shelter-support.pdf

★医療・看護・健康・医療的ケア・子育て

・(ラ・レーチェ・リーグ日本)
災害時の母乳育児相談~よく聞かれる質問(FAQ)
http://www.llljapan.org/binfo/faq_saigai.html

・(厚生労働省)
人工呼吸器を利用する在宅医療患者の緊急相談窓口の設置について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014wz7.html

・(厚生労働省)
人工呼吸器を利用する在宅医療患者の緊急相談窓口の設置について(東北地区及び新潟県)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161891

・(全国心臓病の子どもを守る会)
在宅酸素について
http://www.heart-mamoru.jp/syokai/syokai.htm#1300275062_3718

・(立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点)
人工呼吸器
http://www.arsvi.com/d/v03.htm
 ●鼻マスク利用者のために、停電などの緊急時にアンビューバッグで空気を送る方法
 http://www.youtube.com/watch?v=04Cm-uiATec
 ●NPPVの停電時の対策について
 http://tenjin.coara.or.jp/~makoty/als/2003NPPV/nppv.htm

・(兵庫県立大学大学院看護学研究科21世紀COEプログラム)
被災後に避難所で生活される高齢者とご家族の方へ  
災害からの復興に向けて―避難所での健康と生活―
http://www.coe-cnas.jp/group_senior/manual/pdf/senior_hinanjyo.pdf

・(兵庫県立大学大学院看護学研究科21世紀COEプログラム)
災害看護/東北地方太平洋沖大地震
http://www.coe-cnas.jp/

・(がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ)
災害時の母乳育児支援の情報
http://blogs.yahoo.co.jp/nicu_sp25/8449626.html

・(#311care)被災者と支援者のための医療情報
http://akkie.mods.jp/311care/

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)災害時地域精神保健医療活動のガイドライン
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_guide.pdf

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)(抜粋)災害直後見守り必要性のチェックリスト
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_check.pdf

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)災害時地域精神保健医療活動ロードマップ
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_map.pdf

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)災害精神保健医療マニュアル:東北関東大震災対応版
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_manual.pdf

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)災害時地域精神保健医療活動のガイドラインの解説
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_inf_guide_about.pdf

・(国立精神・神経医療研究センター)
(医療関係者用)災害被災者の不眠症への対応
http://www.ncnp.go.jp/pdf/mental_info_sleeplessness.pdf

★心のケア

・(原子力安全研究協会)
「原子力災害時における心のケア対応の手引き」 
http://www.remnet.jp/lecture/b08_01/index.html

・(うつ・不安ネット)
被災に遭われた方々や治療支援支援にあたられる皆様のために  
こころのケアに役立つ情報
http://www.cbtjp.net/pdf/kokoro.20110316.pdf

・(児童精神科医 菜央@こころの小枝)
こどもたちと地震報道
http://bit.ly/8Y1cr5 

・(兵庫県こころのケアセンター)
サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き 第2版
http://www.j-hits.org/psychological/index.html

・(心理学 総合案内 こころの散歩道)
東北地方太平洋沖地震の災害心理学命と心を守るために
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/saigai/2011sanrikuoki_eq/index.html

★ボランティア

・(厚生労働省)
東北地方太平洋沖地震のボランティアを希望している皆様へ
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=161833

・(KVネット)
東北地方太平洋沖地震被災地でボランティアしたいと思っている方へ
http://www.kvnet.jp/touhoku_jishin.html

・(福井県)平成23年(2011年)
東北地方太平洋沖地震に伴う災害ボランティア登録のお願い
http://info.pref.fukui.jp/danken/npo/060_sv/touhokujisin.php

★生活

・(プレジャーサポート協会)
東北地方太平洋沖地震 被災者(障がい者・高齢者)のためのトイレマップ
http://www.checkatoilet.com/about/tohoku.html

・(TOTO)
断水・給水制限・停電時のトイレ使用について
http://www.toto.co.jp/News/dansui_teiden/

・(ホームレス支援全国ネットワーク)
被災地域での炊き出し情報
http://www.homeless-net.org/

・(北九州ホームレス支援機構)
仙台での炊き出し情報
http://www.h3.dion.ne.jp/~ettou/npo/top.htm)

★その他お役立ち情報・資料など

・(水野敦之)
避難所等での自閉症児者支援
http://blog.goo.ne.jp/bouzan0807/e/4a79a0aec80431c436d0d78483427cba

・(BestPersonality.net)
災害緊急時用名札
http://www.bestpersonality.net/kinkyu.html

・(医学書院)
災害被災地におけるプライマリ・ケア 
http://ht.ly/4dYsC

・(時事通信出版局)
iPhoneアプリ「家庭の医学」無料でダウンロード
http://itunes.apple.com/jp/app/id418302395?mt=8

★その他

・(東日本大震災支援全国ネットワーク)
私たちは被災地の皆さんとともに歩みます
http://kouikinet.jp/higashinihon/

・(Yahoo!)(総務省)
東北地方太平洋沖地震に関するチェーンメールなどへの注意について
http://docs.yahoo.co.jp/info/notice42.html

・(facebook)3/11 東北地震に関する情報
http://www.facebook.com/0311earthquake.info

・(matome.naver)
義援金等受付サイト情報
http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401

・(FTC)
日本での巨大地震発生によりFTCは消費者に対して募金詐欺について警告
http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20110315#p11

2011年3月17日木曜日

障害を待つ被災者支援のサイト

障害を持つ被災者支援をするためのサイトができました。
募金もできるようです。

東北関東大震災障害者救援本部


昨夜、教育テレビで仙台の障害者団体の様子を観ました。知り合いの人たちでした。
リエゾン被災人

2011年3月16日水曜日

すべてに

あたりまえの生活がくずれて、たくさんの人が亡くなり、たくさんの人が被災し、たくさんの人が傷つきました。

そんな中、私の生活は都心で、多くの人たちに助けられ、続いています。

この状況を整理ができず、なかなかここにも書けずにいました。

被災地とは本当に比べものになりませんが、都心も小さなパニックが起きているように思います。
私にできることは、こころとからだを健康に保つこと。私の生活を支えるためにきて下さる方といい時間を過ごすこと。節水、節電すること。etc

小さなひとつひとつをやり続けようと思います。

私が今ここに生かされていること、そのすべてに感謝しながら。毎日祈ります。

2011年3月10日木曜日

もう少し

指完治までのカウントダウンが始まったような気がします。

今回、当たり前の幸せってものを感じる機会でしたね(ありきたりのコメントですが)

きき手を怪我する機会なんてそうはないですもの。


助けて下さったみなさま ありがとうございました(治っていないのに、まだ早いですか)

2011年3月2日水曜日

私ったら

小指をけがして3週間。今日、病院で2週間ぶりにシーネを交換しました。
お医者さんいわく
「レントゲンで見ても、本当に治っているかわからない」
なので、触診。

先生は小指の付け根に近い方をなぜかさわります。えっ、痛めたのはもっと真ん中あたりだと思うんだけど。
「ここ、痛くないの?」と先生。
「えっ、先生、痛めたのはもっと先でしょ」
「位や、ここだよ。レントゲンで確認しているから間違いないと思うよ」

えーーーーっ
えーーーーっ

もしかして私、三週間も、自分の怪我したところを勘違いして憶えていたってことですかっ。

どおりで。
指の付け根近くだったら、指を曲げて固定した方がいいと納得するし。
極力使わないようにすると言うことも、大げさに固定したこともすごく納得。

レントゲンを見て、てっきり小指真ん中の怪我だと自分で思い込み、あえて
「この箇所は指のどこですか」
と質問しなかったのは誰でもない私です。

はずかしいやら おかしいやら

はい。お医者さんの行動はすべて納得。

痛めた箇所はもう痛くはなかったのですが、もう一週間固定することになりました。

恐るべき思い込み。そして人生はやはりギャグマンガのようだと改めて思いました。

そして、改めて痛めた箇所がうずくような気がしてまいりました。

2011年3月1日火曜日

うち飲みの日

先日の日曜日のこと
1Dkの我が家に10人もの女性が来て下さいました。
個人介助(私との約束で介助に入って下さる人たち)の方+十数年来女性活動の場などでお世話になっていた方々とのお初のうち飲み会でした。

飲んだり食べたり話したり。
貴重な時間でした。

うちって、誰かの協力の下ならば、宴会場になるんだ

と自覚もした、楽しいひとときでした。

2011年2月26日土曜日

今年も味噌を仕込みました

昨日、味噌を仕込み終わりました。
冬のイベントはこれで終わり。一安心です。

手順をブログに載せて欲しいとの声もいただいたのですが、
あまりにも邪道なので割愛させていただきます。

今年はその邪道な道に拍車がかかりまして…

私の手順に忠実に作業して下さった方へ、感謝を込めて。

2011年2月25日金曜日

帰ってきました 電動車いす

ようやく ようやく ようやく
帰ってきました。電動車いす。

今、まるで何もなかったかのように玄関の定位置に入っています

いろんなことがあった、一ヶ月半でした。

きき手の故障は治るまでまだ時間がかかるので、車いすとの共同作業は先延ばしですが、日常が元通りになっていくと言うことは本当に幸せなことです。

何気ないことがなにげなく終わること。そしてなにげなく始まり、続いていくこと。
この小さなことが、豊かなことなのかも知れません。

今日は春一番。 昨日から私は春だけれど。

2011年2月19日土曜日

小指のハプニング その後

小指を痛めて10日が経ちました。
今日診察を受けたら順調に回復の兆し。嬉しいです。

きき手なので生活は不便ですが、助けて下さる人たちと、発想の転換で
どうにか乗り切れそう。

なおる頃には○○○の達人になりそうです。

それにしても食欲が抑えられません。けがをした分、自分に甘い私です。

2011年2月15日火曜日

小指のハプニング

ちょっと小指を痛めたことで、予定が変更になり、静かに過ごしています。
たかが小指 されど小指なのですね

いかに今まで手を使えることに感謝が足らなかったか。

今、みぎおくん(右手のこと)がいつになくがんばっています

がんばりすぎて今日はみぎおくん、うごかないけれど。

2011年2月8日火曜日

未だ車いすはなおらず

なので自粛生活は続いています。

玄関に段差がある昔の一軒家に住んでいるので(アパート扱いでございます)、車いすがいつもと違うと外出にも不便なもの、というか、危険度が増してしまいます。
玄関先に車いすをおいていて、室内は這ったりいざったり転がったりの生活。都心は大きい部屋を借りるのはとても難しく(家賃の面と物件のなさと)、小さな家では電動車いすで室内移動など夢の世界です。

今回修理に出した愛用の車いすはとても安定感がよく、玄関の段差に合わせて座面もあっているので乗り降りも怖くなかったのですが、小さい車いすは思いのほか融通が利きません。軽いから不安定だし。

いっそう引きこもり気味になる私でございます。
でもあまり気持ちを腐らせずに、出来ることをやろうとは思っていますが…

早くなおって欲しいな…

2011年2月6日日曜日

じっくり考えて生きる

感情のままに動いてしまいがちな私は、じっくり冷静に物事を考えて行動することが苦手です。
どうしても自分本位に物事を考え、人の気持ちを察することが難しいようです。

寂しさが消えなかったのはたぶんそのせい。自分本位というものは相手の存在がほんとうの意味であるわけではないので、寂しさから脱することが難しいみたいです。

今は少しずつ軌道修正して、勝手に感情のなかで判断しないように肝に銘じているところです。

でもときどきやはりうまくいかない…。
思い癖というのはなかなかやっかいなものなのでした。

自分を知っていくと、他人をいいように批判できなくなるようです。
だって、ちゃんと自分をケアしながら基本的なことをやり続けるって、簡単なことではないもの。
簡単なことではないことをちゃんとやりながら人のことを思えることって、実は私には難しかったりしました。

それがわかるための今回の人生なのかな.
ようやくスタートラインに立てる気配を感じます。

2011年2月4日金曜日

シャトルシェフさまさま

最近買った便利鍋です。
内鍋を火にかけて、暖まったら外鍋に収納するタイプのもの。中が魔法瓶状態になるので、火を使わずにイワシの骨も柔らかくなります。
うちに来たのは黄色くてかわいいやつ。

毎日重宝しています。

朝野菜を仕込んでおけば、夕方にはキャベツなんてとろっとろっなんだから。

幸せな食生活でございます。

2011年2月1日火曜日

ボロボロになるまで

「ボロボロになるまで使っていいから」
その人はいった。
「わかりました。ボロボロになるまで使います」
私はそのまま受け答えた。

マウスピースの話です。

半年ほど前につくったハードタイプのマウスピース、奥歯のあたり大穴がところどころ空いてしまいました。
これは歯医者さんにいけるぞ、と思い、かかりつけ医に電話したら、まだ作り替えなくていいみたいなのでした。

せっかくお会い出来ると思っていたのに…。

でも、ボロボロになるまでって、どこいら辺のあたりまでをいうのでしょう。

2011年1月30日日曜日

試験を終えて

単位認定試験を終えて、ボーッとしています
達成感のような、気が抜けたような 変な感触です。

ひとつ自覚したのは、私はお勉強が好きだということ。
優等生ぶっているみたいで、書きづらいのですが、今回の大学のシステムには惚れました。
好きな分野の勉強を心置きなく出来そうです。

誰かに対して競争意識を燃やすのではなく、自分のやり方で自分なりの知識を身につけるということ。
この試験期間を通して、今回学んだことです。

期間中は思う存分外食も楽しんだし、大学までの別ルートも楽しんだし、知り合いの家でお喋りする時間にも恵まれました。
春からの半期もちょっぴりだけ無理して忙しく勉強してみようと思っています。

2011年1月28日金曜日

試験 中休み

今日はたまたま試験の予定がなく、午後から勉強しようかどうしようかと考え中です。

なんとなく考えているうちに1日終わりそうな気配です。

久しぶりにたくさんの人の中にはいって、「ああ、私はこんなに簡単に他人に対してネガティブな思いを持ちやすいんだ」などと発見したりしました。ちょっとしたことでも気になってしまったりして。
心理カウンセリングを学んで、人の話をあるていど距離を持って聞く癖をつけるように意識するようになったので、少しずつ改善するとは思いますが。

自意識過剰といいますか、なんといいますか

学ばなければならないことは、まだまだ限りなくあるようですね…

2011年1月26日水曜日

そうだったのか

放送大学 大意認定試験期間まっただなかです

試験を受けてみて、改めて勉強の仕方を教わった気がしています
妙に楽しかったのでした。

いろんなやり方があるものです。

2011年1月18日火曜日

何年ぶりかの試験です

大学の科目試験がもうすぐです。
ちょっともう、あれこれ考えるキャパがありません。

だいたいなんで8教科も半年のノルマに選んでしまったのか。
覚えられないじゃないですか(T_T)


この反省を生かし、来期はもっと少なくしようかなと弱気になっている私なのでした。

2011年1月11日火曜日

やっぱりね … 続・後輪が外れるなんて

応急でつけたネジはすぐに外れてしまったようで。
昨日から出かけられない私です。(T_T)

明日、かかりつけの車いす業者さんが来てくれることになりましたが。

冷静に考えて、突如壊れたバイクや自転車がなおせるような感覚で、電動車いすもなおせたらいいのにな。
ジェフみたいなシステム、出来ないかな(他力本願)。

最近は高性能になってきているから、より専門的になってしまって、部品も代用が利かないのでしょう。

私はおとなしく、放送大学の試験勉強に打ち込みます。遊びに行きたいなんて、思いませんから大丈夫です(*^_^*)

2011年1月9日日曜日

後輪が外れるなんて

朝、目的地まで鼻唄を歌いながら交差点を渡りきったとき、突然かしゃんと音がして車いすが斜めに傾きました。
えーっ、パンクなのー、こんな時にー、ととっさに思ってタイヤをみたら、すぽっと軸から抜けちゃって転がっているではないですか。

こんなことは初めてー。電動車いすに25年ぐらい乗っているけれど、ほんとに初めて。

頭ンなかで、まず何をやるべきかという手順が浮かび。

今日は日曜日。日曜に対応してくれる修理店に電話しなきゃ。

と、すぐに助けてくれた通りすがりの男性。時間があまりなさそうだったのに、介助の人と一緒にタイヤを軸にはめるのを手伝ってくれました。
落ちてしまったネジを探しにいって下さったり。用事の時間ぎりぎりまで一緒にいて下さって。

近くのお店のかたは、「寒いからうちで待ちなさい」と場所を提供してくれたのですが、タイヤを軸に通しただけの電動車いすで動くことは出来ないので、丁重にお断りしました。

ありがたいことに、修理店の人ができるだけ早く来てくれることになりました。

立ち往生したところには、今日お休みのお店がありました。その店のご主人は音楽をやる方らしく、お仲間が集まってきていて、「車いすのタイヤがとれちゃったんですよー。お店の前ですみません」などとはなしていたら、ご主人が自分の道具箱にあったネジをいくつか持ってきてくれました。
「合うんじゃないかな」
ご主人の言葉に、私たちは そんなうまくはいかないと内心思ったのですが、
これがぴったり合ってしまったのでびっくり。
「でも専門の業者さんが来てくれるならもう一度みてもらった方がいいよ。」
ご主人のお仲間の方の話しにうなずいていると、もうひとり音楽仲間の方がやってきて、私の顔を見てにこにこしていったのです。
「こんにちは おひさしぶりです」
私の知っている方でした。
「なんだー、知り合いー」「知り合いだったのー」
そんな言葉が行き交ったひととき。不思議な時間でした。

修理店の方はそれからまもなく来てくれたので、私は当初の予定の場所に1時間遅れで伺うことが出来たのでした。

ご主人へのお礼は和菓子がいいかなあ。

2011年1月8日土曜日

新しい年

愛用のパソコンが年末に故障しました。

その間にパソコンゲーム中毒になっていたことに気がつきました。
依存になりやすいゲームをやめることにしました。

そうしたらこころに少し余裕ができました。ふしぎなものです。

古いパソコンのウイルスバスターを準備しながら、愛用のパソコンでしたいことをいろいろ考えました。
必用最小限のことしか古いパソコンではできないものです。

今日、パソコンが戻ってきました。ちょっとうれしい。

今年はいろいろ、書きまくります。

今朝の夢

久しぶりに夢を見ました。あまりきれいな夢ではなくて、あしからず。 出かけ先で、トイレに行きたくなったので、電気屋さんのようなイベント会場のような建物に入りました。中はとても広くて活気がありました。 昔の車椅子用トイレがあったので、使わせてもらおうと思ったら、手すりの位置もめ...